2009年5月14日木曜日

CRGバーエンドミラーが気になります。

Momoさんがミラー変更に成功して、気になっているのがこのバーエンドミラーです。
片側12000円しますので両方で24000円です。ちょっと高いです・・・。
ミラーの存在を感じさせないのと、フレキシブルに動かせるので、すりぬけや、両サイドに制約がある場合にはたたんでしまい、通常は、凹面鏡になっているので、純正のミラーよりも、視界が広いようです。
どうせ車検時には純正に変えるのを前提にすると、このミラーにするとすっきり感がまし、機能的にもOKということであとは、ポチットするだけです。

日本では、2つのルートで買うことが出来るようです。
一つはバイクバーンを扱っているCOORIDEさんhttp://www.cooride-net.com/special/special5/special5.htm
二つ目はMoto trader/DUCATIさんです。
http://www.shorefield.co.jp/ducati/cgi-bin/goodslist.cgi?mode=view_detail&this_num_genre=7&this_num_goods=&genre_id=00000011&goods_id=00000004&sort=





CRG bar end mirrors have been available for quite some time and they have been used by many motorcyclists on both modern and vintage bikes.
So there are many good articles available that document the installation of the CRG mirrors on everything from sportbikes to scooters. I'm not sure how much I can add to the general body of knowledge on this subject, but since every motorcycle is different -- and the GT1000 is no exception -- I'm sure there's a tip or two here that might help Ducati owners and others.
For example, the Triumph Thunderbird Sport had a section of metal that was spot-welded right through the handlebar, located just where it interfered with the mounting of the very nice (but kind of large) Napoleon bar end mirrors. It took some very original thinking to resolve that one. Such is the case on the Ducati GT1000, and perhaps my experience with the Ducati will be pertinent to owners of other brands.
I've always liked the way bar end mirrors look and perform. I've noted in my Ducati GT1000 Blog postings that the tall "lollipop" style original mirrors seemed to add some vibration to the handlebars, possibly because of their mass sticking way up high, whipping the stalk into unknown frequencies. Bar end mirrors stick way out there and a good set will uncover more of what's going on behind you than just about any other type of mirror configuration.
So what about the Oberon bar end mirrors I recently installed on the GT1000? Well, after the left-hand mirror came loose and was lost during a ride, I started to realize that the Oberon mounting system might not be ideal and I decided to look for a replacement.
art of the problem with the Oberon mirrors is that they can be configured in an almost unlimited number of positions. But the set screws that lock everything together must be all removed to make any adjustments. The Oberon mirrors are not designed to be adjusted during a ride, which is unfortunate, because it's nearly impossible to correctly set a rear-view mirror in the garage with expectations that it will be perfect when riding.
I didn't go with the CRG mirrors to begin with, mostly because their use has been so well documented but also because the Oberon mirrors do present a very clean look with their hidden set screws. They're also relatively expensive...but now I understand that in this case, you get what you pay for.
The CRG mirrors are, to me, definitely not as sleek, mostly due to their visible silver-colored socket head cap screws. I wish CRG would anodize, powder coat or paint the screws to match the mirror color; I think that would go a long way towards giving the mirrors a cleaner look. I plan on experimenting with some "farmer style" paintbrush solutions to this problem and I'll report back if I find any interesting solutions.
But I've also discovered a couple of real advantages of using the CRG mirrors that overcome any misgivings about their looks. First of all, the mirrors remain fully adjustable after they're installed. As I mentioned, the Oberon mirrors are not adjustable once the set screws are locked down. And if the set screws on the Oberon mirrors are not locked, the chance of losing them seems to greatly increase. But the CRG mirrors have a Nylon or plastic ball that sits inside the two halves of the clamp. When the clamp is tightened, there's still enough lubricity in the Nylon to allow the mirror to be adjusted.
I guess I'm a bit dense, but I now understand how important this feature really is; for example, the mirrors may need to be adjusted slightly even when wearing different types of motorcycle clothing, which may affect the ride height. It's nice to have this ability to adjust the mirrors back and forth or up and down as needed.

一方こちらのバーエンドミラーはCRGミラーに似ていますが、1/3の価格だそうです。
自転車用のミラーです。




Bar-End Mirrors The mirrors are 3 inch machined aluminum with a slight fish-eye design, exactly like CRG Hindsight mirrors but one-third the price from Cycle Gear. I have a pair of Hindsight’s on my Centauro, and they look identical.

ドゥカティ(ドカティ) - バイクブログ村よかったらクリックしてください

6 件のコメント:

momo さんのコメント...

katsuさん

こんばんは。
これは斬新なデザインですね!
バーエンドミラーというとどうしてもスポルトに装着されているようなでっかいメッキのものをイメージしてしまいましたがこれはまたスリムでミラーがあることがわからない感じですね。
GTの余分とも言える縦の面積がカットされてとてもカッコイイと思います。
この大きさならすり抜けもそんなに気を使わなくて良いのではないのでしょうか。
しかもたためるなんてギミカルでハイテクナ感じです。

ポチっといっちゃいますか??
同じGT仲間の皆さんが何かカスタムされると自分のことのように興味津々になります。
(●^0^●)

Katsu141 さんのコメント...

momoさん
こんばんは。
momoさんに刺激されて、テールランプもLEDに変えましたし、ミラーも気になってきました。
このバーエンドミラーを最終的に躊躇している理由はハンドル左側にグリップエンドの固定部分が不足していて、グリップ端末をカットしないといけない点です。もう少し、様子見かなといった感じです。

tabiblo さんのコメント...

こんばんは。

>グリップエンドの固定部分が不足していて、グリップ端末をカットしないといけない点です・・・

これはバーエンドとグリップの間に直径の大きなスペーサーを入れて対処できないですか?
当然バーエンド固定用のボルトはスペーサーの厚み分ロングボルトにする必要がありますが。

私も隼にグリップヒーターを取り付けるさいに、Katsuさんと同じ状況に陥りまして、ワッシャーをスペーサー代わりにいれました。
強度的な問題はロックタイトを塗ることで解決できます。

もし意味を取り違えていましたら、ごめんなさい。

Katsu141 さんのコメント...

tabibloさん
こんばんは。
すばらしいアドバイスありがとうございます。
じつは、昨晩ポチっと申しこんでしまいました。
問題は、左側だけなので、スぺーサーを入れて対処できるといいですね。
基本的な質問として、グリップはもっと内側に入れることができないもんですかね。
横方向の位置決めは何によって決まっているのでしょうか。
tabibloさんのアイデアでひとつだけ、気になるのは、このミラーを紹介している人も、バーエンドキャップで対処しようとしたのだけれども、バーエンドキャップが外れれて、ミラーがなくなってしまったことがあるので、ハンドル本体に固定したいとか英語で書いていました。
CRGからは、このミラーがうまく固定できる溝のできたバーエンドキャップも1個3千円くらいで売っています。でも、ロックタイトで固定すれば、現実的にはもっとも近道かもしれません。

tabiblo さんのコメント...

ドカのバーエンドキャップはそんなに柔なんですか?
私はバーハンを所有したことがないので、強度的な面で提案に対して保証は出来ませんが、
少なくとも国産車のセパハンなら、ロックタイトで固定すれば問題はないと思われます。

ミラーの固定はバーエンドを掴むのではなく、あくまでスペーサーを掴むことです。
そのさい重要なのはスペーサーに空いてあるボルトを通すための穴の直径ですね。
ボルトと同じ6mmなら動かずに安定すると思うのですが。

もしかして私は、問題の意味を取り違えているのかも知れません。

Katsu141 さんのコメント...

tabibloさん
ありがとうございます。
まずは、tabibloさん案でやってみようかと思います。